Page Top

東京23区待機児童数ランキング(2014年)

※ 本ランキングでは、人数で表示していますが、自治体毎に面積が異なっており、単純に人数のみで比較することは難しい状況にあると言えるでしょう。
※「育休中は待機児童に含まない」「自宅で休職中もカウントしない」など、自治体独自の定義でカウントしており、実際の数字は明らかになってはいません。
※ 厚生労働省は待機児童についての定義を見直し定義を統一する方針を固めているので今後に期待しましょう。

1千代田区(0人)
2荒川区(8人)
3港区(45人)
4北区(69人)
5文京区(104人)
6葛飾区(111人)
7杉並区(116人)
8渋谷区(120人)
9台東区(126人)
10品川区(128人)
11中央区(135人)
12新宿区(152人)
13墨田区(157人)
14豊島区(240人)
15中野区(241人)
16目黒区(247人)
17江戸川区(298人)
18江東区(315人)
19足立区(330人)
20練馬区(487人)
21板橋区(515人)
22大田区(613人)
23世田谷区(1,109人)

出典 東京都公式ホームページ | 都内の保育サービスの状況について(2015/1/21アクセス)

Copyright © 2014 Future Lab. All rights reserved.