Page Top

認定証=入園許可証?

新制度で運営される園に入るには、国が発行する「認定証」が必要になります。 認定をうけると、保育を受ける子供の年齢や保護者の就労状況によって、必要と考えられる保育時間のレベルが区分けされます。この区分けによって、保育必要レベルの高い人から順に入ることのできる保育施設が厳格に振り分けられ、待機児童を減らしていくという仕組みです。

Article vol1 2 Article vol1 3

ただこの認定証、気をつけてほしいのは「入園許可証ではない」ということ。 幼稚園の場合、園に直接利用申込をし、内定してから一括で認定証を申請しますが、保育所を利用する場合は要注意です。その場合、まず市町村から認定証を入手し、それから入所を希望する保育所に申込をする、という手順が必要になります。

認定証は、認可保育園、認定こども園はもちろん、今は「認可外」にあたる保育園や幼稚園でも、今後新制度の下で運営される予定がある場合は必要になります。なお、今後も認可外として運営していく施設は、これまで通り園との直接契約となります。よって認定証の必要はなく、先着順や面接、抽選など園が決めた方法で選考されます。

社会保障ドットコム内検索

Copyright © 2014 Future Lab. All rights reserved.