Page Top

A001 4179217w

Vol.1子ども・子育て支援「新」制度の問題

2015年4月より開始される「子ども・子育て支援新制度」。待機児童問題、少子化・核家族化の進行など子育てに関わる課題を解決するための制度ですが、導入が近づくにつれ、そこにはさまざまな落とし穴があることが分かってきました。

子ども・子育て支援新制度とは?

「社会保障と税の一体改革」の一つとして2015年4月よりスタートする本制度。制度の目的はその名の示す通り「子どもと子育てに関わる課題を解決する」こと。具体的には、認定こども園の増設、保育料の変更、保育必要度による区分の新設、小規模保育所の認可など多岐に渡る取組みが行われます。

「待機児童の解消」や「少子化による幼稚園の経営悪化」などにスポットが当てられた本制度は、0〜5歳児、中でも特に、今年入所や入園を控えた子供のいる家庭に大きく影響してきます。
しかしそうした保育現場では、制度の概要についてよく分からないとの声も多く、さらに、導入直前となって新たに浮上した制度上の問題も明らかになるなど混乱が続いているようです。

それでは実際に、どのような混乱が起こっているのか詳しく検証していきましょう。

社会保障ドットコム内検索

Copyright © 2014 Future Lab. All rights reserved.